メキシコ求人情報とメキシコ就職・転職サポート

919 Mexico

メキシコ情報


クイックグローバルメキシコはメキシコのアグアスカリエンテス州、ケレタロ州にオフィスを構えております。現在、メキシコの中でもアグアスカリエンテスやケレタロを含むバヒオ地区には日本から多くの企業が進出しています。このメキシコ情報ページではメキシコ国内の就職、転職などの様々な情報をお届けいたします。

メキシコで働く上でのよくある質問


メキシコ転職を希望される、日本在住者の方から頂く「よくある質問」について回答いたします。

1、治安について

「メキシコ」と聞くと、治安が悪い国というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
もちろん海外ですので、日本ほどの安全は保障できるものではありませんが、アグアスカリエンテスを含む、日系企業が多いとされるバヒオ地区はメキシコの中でも比較的治安が落ち着いていると言われています。
不用意に出歩かない、必要以上の貴重品は持ち歩かない等注意は必要ですが、基本的な防犯対策を行えば日常生活は問題なく送ることができます。

2、物価、生活について(アグアスカリエンテスの例)

アグアスカリエンテスの街並み

セントロ
街並み
セントロの教会
ショッピングモール
複合施設(クイックグローバルメキシコのオフィスも入っています)

物価について

1ペソ=5.81円(2020年1月時点)
1ドル = 約19ペソ = 約110円(2020年1月時点)

家賃:3,000ペソ~12,000ペソ程度
3000ペソ程度だと、ルームシェアが可能です。
5000ペソ以上で、アパートや一軒家での一人暮らしが可能です。
家探しについては こちらをご覧ください。
食費:スーパーマーケットで販売されている野菜や果物、お肉などは日本よりも安いですが、日本食や魚介類は割高です。
外食の場合はタコス1個約10ペソ、メキシカンプレート90ペソ、日本食レストランでの定食150ペソ程度です。
物価は全体的に日本と比べると安く、給与が日本の平均以下だとしても一定の水準を保った生活を送ることができます。

食事について

各地の大型スーパーマーケットには日本食材コーナーがあり、日系企業が進出している都市にはそれぞれ日本食材店や日本食レストランもあります。アグアスカリエンテスには、日本の食材が手に入るお店が数軒、日本食レストランは10軒ほどあります。また、メキシコ料理はもちろんイタリア料理、アルゼンチン料理なども楽しめます。

アグアスカリエンテスの大型スーパーマーケット
スーパーマーケット内部
スーパーマーケット内部
スーパーマーケット内部(日本食コーナー)
日本食材店
日本食レストラン
日本食
ゴルフバー
メキシコ料理レストラン
タコス

3、社会保険について

メキシコの社会保険はIMSSと呼ばれ、
Instituto Mexicano de Seguro Social(社会保険公社)の頭文字を取ったものです。メキシコで働く場合、日本と同様にメキシコの社会保険へ必ず加入することになります。 メキシコでは社会保険料を納付することで下記の保険や社会福祉を受けることが出来ます。 メキシコの福利厚生について詳しくはこちらから

  • 医療保険
  • 労災保険
  • 障害保険/生命保険
  • 障害保険/生命保険
  • 社会福祉 /生命保険

社会保険 IMSSの病院事情

メリット

IMSSが提携している病院であれば、薬代含め、すべて無料です。 最新の設備が整っている病院もあります。

デメリット

IMSSが提携している病院には多くの患者が訪れる為、診察は非常に時間がかかり、一日がかりになることもあります。

高額医療保険 適応額について

高額医療保険は、任意保険の一つです。
企業によっては、福利厚生の一つとして会社負担で社員に加入させる場合もあります。 私立の病院を使用した際にかかる検査費用・治療費・薬代などに適用される保険で、名前の通り、高額な医療費に適用され、少額な医療費は自己負担となります。 目安として、2,641ペソ(約15,000円)以上の医療費に適用され、病気やケガなど内容によって免責額が決まっています。※保険会社やプランによって異なります。

アグアスカリエンテスの例
風邪の場合:
薬代含め 約400~1500ペソ→高額医療保険対象外
出産の場合:
約2万~5万ペソ→高額医療保険対象
※州によって医療費の平均が異なります。

4、給与の相場について

1ペソ = 5.81円(2020年1月時点)
1ドル = 約19ペソ = 約110円(2020年1月時点)

求人のおおよその水準ペソドル
新卒25,000ペソ1,325ドル145,250円
26,000ペソ1,378ドル151,060円
27,000ペソ1,431ドル156,870円
中途28,000ペソ1,484ドル162,680円
29,000ペソ1,537ドル168,490円
30,000ペソ1,590ドル174,300円
31,000ペソ1,643ドル181,110円
32,000ペソ1,696ドル185,920円
33,000ペソ1,749ドル191,730円
34,000ペソ1,802ドル197,540円
即戦力35,000ペソ1,855ドル203,350円
40,000ペソ2,120ドル232,400円
50,000ペソ2,650ドル290,500円
60,000ペソ3,180ドル348,600円
70,000ペソ3,710ドル406,700円
80,000ペソ4,240ドル464,800円
90,000ペソ4,770ドル522,900円
100,000ペソ5,300ドル581,000円

※あくまでもおおよその数値です。
※ここから税金が差し引かれる為、7~8割が手取り額になります。

5、就労ビザについて

  1. 内定先企業による就労ビザ取得の申請(1〜3か月程度)
  2. 申請が受理されると、書面が発行され在外メキシコ大使館で面接に臨んでいただきます。
    ※日本での面接の場合は、当日に入国許可証(一時居住者用査証)がパスポートに付与されます。(この段階では「就労ビザ」ではなく、メキシコに入国できる許可が与えられた状態です。就労ビザの取得は渡航後に進めます。)
  3. メキシコ入国(入国許可証取得後180日以内)
  4. 入国後、30日以内に弁護士を通して就労ビザの申請を行います。
    ※申請後、1か月前後で取得できます。
    ※就労ビザはメキシコでは公的な身分証明書として使用できます。就労ビザが取得でき次第、銀行口座開設や運転免許証等の申請を行うことができます。

6、運転免許証について

アグアスカリエンテス州では、日本の運転免許を保有していれば運転が可能です。グアナファト州でも日本の免許証を翻訳した 抜粋証明があれば運転できます(州によってはメキシコの免許証が必要です。)
ただし、万が一事故にあった際に保険が適応されない可能性があるため、入社する企業から現地の免許を取得してから運転するよう指示されることが一般的です。現地の運転免許証は就労ビザを取得後、申請所にて1~2日で取得できます。
※アグアスカリエンテス州ではテスト等はなく、費用の支払いのみです。州によってはテストを受ける必要もあります。

7、お問い合わせ先

当社キャリアコーディネーターがご相談を承ります。お気兼ねなく下記フォームからお問い合わせ下さい。
最新の求人情報はこちら
電話番号:+52-449-153-1400
メールアドレス:quick@919mexico.com

お問い合わせフォーム

当社の利用規約・個人情報保護方針に同意の上、お申込みください。

メキシコ求人情報とメキシコ就職・転職サポートTEL +52-449-153-1400

その他お問い合わせはこちらへ