ノブシートさん今回の記事はYoutuberノブシートさんとのコラボ記事となっております。
是非ノブシートさんのYoutubeもご覧ください。
メキシコのビジネスシーンで使えるスペイン語

皆さんはスペイン語を勉強する際にどういった方法を取られていますか?
前回インタビューさせていただいた、スパニッシュ・オンラインさんのようなスペイン語をオンラインのマンツーマン授業で勉強できるサービス、語学学校に通う、参考書で勉強する、YouTubeを見て勉強するなど様々な方法があると思います。その中でもメキシコ現地からスペイン語の学び方を発信されているスペイン語YouTuberノブシートさんのYouTubeチャンネルをご存知でしょうか。メキシコに住む日本人やスペイン語を学ぼうとされている方にはノブシートさんはかなり知られた存在です。
今回、そのノブシートさんに単独インタビューを行うことができました。
YouTubeチャンネル内でいつもお話されているスペイン語の勉強方法はもちろん、”どうやって海外で働くか”、”どうやったら好きを仕事にできるのか” など、スペイン語の勉強方法以外にもためになるお話を伺うことができました。
スペイン語を学んでいる方だけでなく、海外での就職を考えられている方にも是非とも読んで頂きたい内容となっております。

1、スペイン語の勉強を始めたきっかけ

なぜスペイン語に興味をお持ちになったのですか?


高校生までは体育会系だったのですが、高校の授業でヨーロッパの歴史とルネサンスに代表されるヨーロッパの美術史に興味を持ちました。美術史を学ぶために最初はイタリア語を勉強しようと思いましたが、イタリア語はほぼイタリア国内だけでしか使われてないので、せっかく語学を一から勉強するなら、より話者の多いスペイン語の方が将来的に有利だと思い、勉強し始めました。
大学はその流れで、スペインの美術史を専攻し、スペイン語は大学の第二外国語で選択しました。

第二外国語でどの程度のスペイン語が習得できましたか?


本人の努力次第だと思いますが、私は大学の選択授業の他にオンライン学習や独学で勉強をし、大学の4年間で中級レベル(*B1〜B2)を習得できました。*CEFR(ヨーロッパ言語共通参照レベル。A1~C2に分類される)

2、とにかく海外で働きたい!

就職するまで、一度もメキシコを訪れたことがなかったノブシートさん。
なぜ就業先にメキシコを選んだのでしょうか。


夢中になって勉強していたスペイン語をとにかく使いたかったので、就業先はどこでも良かった、というのが本音です。大学生の冬休みにスペインに1か月だけ語学留学に行きましたが、それまで海外へ出たことがほとんどなくメキシコについてもよく知りませんでした。
新卒で東京の会社に入社しましたが、スペイン語を使う仕事ではなかったこと、また海外志向が強かったことから、入社数か月後には既に海外就業の可能性を模索しはじめていました。スペインは就労ビザの取得が難しいことと、日本人の働ける仕事数が少なく、メキシコには日本人向けの求人が数多くあると知り、スペイン語が使える仕事があるならどこへでも行く!という気持ちでメキシコを選びました。

全く知らないメキシコへ行くことに不安はなかったのでしょうか。


私の気質かもしれませんが、とりあえず行ってみたら何とかなるだろう、と思っていました。よく治安は大丈夫なのかと尋ねられますが、実際に来てみると、最低限の心構えを怠らなければ問題ないと感じています。
日本からメキシコに行く時に、どんな国なのか、治安はどうなのかが気になると思いますが、そういった情報こそ現地に住んでいる日本人に訊くのが一番いいと私は思っています。
東京で語学のインテルカンビオを通じてメキシコ人の知り合いができましたが、メキシコ人は自国が大好きな国民性なので、素晴らしい国であるなどの良い情報しか話してくれないことが多いです。
今は基本的な情報はネットで調べることができますが、より詳しく知りたいのであれば、現地在住のスタッフがいるクイックグローバルメキシコさんなどに訊くのが、リアルタイム且つ正確であると思います。

3、新卒から1年間勤めた会社を退職してメキシコへ

新卒入社1年後に会社を辞めてメキシコへ渡ったきっかけは?


メキシコでスペイン語が話せる日本人を探している、という情報を知り合いから得て、その話に飛びつきました。実は入社から4ヶ月後にメキシコの日系企業から通訳職の内定をもらっていました。その後、退職する旨を会社に伝えたところ「海外に興味があるなら」とインバウンド(訪日外国人向けの)事業部への異動を薦められました。それはそれで貴重な体験だと思い、その時はメキシコ行きを断念しました。異動後もスペイン語の勉強は独学で続けており、入社から1年が経ったタイミングで会社を辞めました。退職した時には次の就職先は決まっていませんでした。一度内定をもらった経験が自信となり、会社を辞めてから転職活動をはじめ、無事に仕事を見つけることができました。

4、オアハカで初めてのメキシコ勤務

どのようなお仕事だったか教えてください。


オアハカという南部の小さな街で、スペイン語を教える語学学校の受付兼アドバイザーとして働き始めました。給与はそこまで高くなく、1年半の契約でした。オアハカは遺跡や民芸品が有名な観光地で、世界中から観光客が訪れます。語学学校も留学生の受け入れに熱心です。私が勤めていた語学学校は、そのような留学生にスペイン語を学んでもらうための呼び込み役として、アメリカ人を雇い英語圏の学生をアテンドしていました。更に門戸を広げようと、日本人学生へのプロモーションのために私が雇われました。
オアハカは日本人の観光客は多いのですが、日系企業は全く進出しておらず、完全なメキシコ法人にひとりだけ雇われている日本人だったので、はじめは色々と大変でした。
「スペイン語の勉強ができる上に少しのお金が貰える」というスタンスと覚悟でメキシコに来たので給与面に不満はなかったですが、労働条件は正直なところあまりよくはなかったですね。休みは日曜日だけで福利厚生や保険などもありませんでした。今は日系会社に転職し、ビザサポートや福利厚生、保険などの恩恵を受けており、本当に有難いことだと思っています。

5、自己成長のためのYouTube

ノブシートさんのYouTubeについて教えてください。


オアハカの語学学校勤務時代に、スペイン語に関するYouTubeを始めました。スペイン語を学んでいる日本人へ向けて文法の説明や、学習法、使えるフレーズ等を紹介しています。またスペイン語話者・学習者に向けてスペイン語で話している動画もあります。

YouTubeをはじめられたきっかけは?


メキシコに来て、自身のスペイン語レベルに焦りがあったのだと思います。私は18歳からスペイン語を独学で勉強し始めましたが、メキシコに来てみると通訳の方の多くは、ハーフや帰国子女など幼少期からのバックボーンがありました。自分のスペイン語の発音やレベルが彼らに及ばないことの焦りや悔しさから、「何かしなくてはいけない」と思い、スペイン語学習チャンネルを作りました。
通訳者の方の多くは下地があることを知りましたが、一方で自分と同じように大人になってからスペイン語を勉強している同志も数多くいるはずだと思いました。ネット上にはスペイン語学習に関するブログや、テキストでの文法解説は多く見受けられましたが、勉強中の日本人がつたないスペイン語で話す動画はほぼありませんでした。日本人は恥ずかしがり屋で完璧主義なので、動画にするのは抵抗があるのかもしれません。
語学スキルは「トライ&エラー」を繰り返して成長すると思っていますので、私がメキシコで日々行っている「トライ&エラー」をすべてさらけ出して、同志にその姿勢をみてもらおう!と思ったのです。また公開することで、もっとうまくなろう、間違えないように気をつけよう、と私自身の成長にもつながっています。

どのような反響がありましたか?


ご覧いただければわかるように、私の動画の視聴回数は多い方ではないと思います。しかし「この動画のおかげでわからなかったところが理解できました!」と言っていただいたり、スペイン語を学ぶ学生の方からたくさんの質問が寄せられているので、日本でひっそりスペイン語を学んでいる方々に少しは響いているのだと思っています。スペイン語を使いたいからメキシコに移ることを考えているという方もいます。YouTubeを始めてから、ツイッターやメールでの相談が毎日たくさん舞い込むことに自分でも少し驚いています。真摯な質問には、誠意を持って役に立つ情報をお伝えしています。

6、通訳の仕事はスペイン語の勉強ができるチャンス

今のお仕事について教えてください。


オアハカの語学学校を契約満了で終え、サンルイスポトシの日系会社の通訳職に転職しました。通訳を始めた当初は専門用語がわからなくて訳せず、冷ややかな視線を受けることもしばしばありましたが、その都度勉強をして今では通訳者としてお役に立てていると自負しています。
私にとってスペイン語は仕事、趣味、生活の全てです。今も午前3時半に起きて出勤前に1時間オンラインレッスンを受けて出社し、仕事で新しい単語を知ると家で早速調べ、次の日には既にその単語を習得しています。「仕事に行く」という気持ちはもちろんですが「今日もスペイン語を勉強しよう」という気持ちを大切にして出社しています。
帰宅後も休みの日もずっとスペイン語を勉強しています。通訳者としてもう仕事ができているのに、なぜ今もそんなに勉強をし続けるのか、とよく訊かれるのですが「好きだから」です。好きなことをやるのは辛くもないですし、そもそも理由も必要ないですよね。

7、好きを仕事にするには

私は18歳の時にスペイン語に出会い、好きになってただただ勉強を続けて、気づくと8年経ちスペイン語を仕事にしていました。昔の私のように、日本で学生または仕事をしながらスペイン語を勉強している方は沢山いらっしゃると思います。いつかスペイン語を仕事にしたいと考えておられる方も多いのではないでしょうか。
そんな方に是非私の失敗や成長過程を見てもらうことで、諦めずにスペイン語を仕事につなげることを目指していただきたいと考えています。
私自身、新卒1年目の時にクイックグローバルメキシコさんのカウンセリングでメキシコの就活事情を教えていただきました。今の自身のスペイン語能力が仕事につながるかどうかだけでも知りたい、という理由でも登録&カウンセリングする価値があると思います。「いつか」ではなく「今から5分以内に!」登録し、一歩踏み出すことを強くオススメします。完璧になってから仕事を探すのではなく、勉強しながら行動すると、チャンスがやってきて実力は後からついてくるものだと思います。

好きを仕事にすると毎日楽しいですよ!

8、まとめ

いかがでしたでしょうか。大好きなスペイン語を仕事するだけでなく、YouTubeを通してスペイン語学習者向けに情報を発信されているノブシートさん。インタビューを通してノブシートさんのスペイン語に対する情熱を改めて感じました。ノブシートさんのYouTubeは、日常的に使用される便利なフレーズの紹介、理解するのが難しい文法の解説、おススメの勉強方法紹介など、スペイン語学習者にとって役立つ情報がたくさん配信されています。スペイン語を上達させたい方は是非チェックしてみてください。
ノブシートさんのYouTubeチャンネル


メキシコにはスペイン語を活かせるお仕事がたくさんございます。
メキシコでの就職、転職に関するご相談がございましたら、お気軽にクイックグローバルメキシコへにお問合せ下さい。

電話番号:+52-449-153-1400
メールアドレス:quick@919mexico.com
スカイプ:QUICKGLOBALMEXICO

お問い合わせ内容確認ページ
氏名(フルネーム)必須
メールアドレス必須
メールアドレスの再入力必須
お問い合わせ内容必須
当社の利用規約・個人情報保護方針に同意の上、お申込みください。