メキシコで多くの日本人が在住している地区は、住んでみるとどのようなところなのか、気になる治安、お薦めの場所などの街の情報をご紹介します。
今回で最後となる「メキシコの街に住む」シリーズ、8回目は日系企業の進出が目覚ましいバヒオ地区からサカテカス州です。

    サカテカス   Estado de Zacatecas

  1. 人口・設立
  2. 工業団地と日系企業
  3. 経済
  4. 観光
  5. 治安

人口・設立

サカテカス州(Estado de Zacatecas)はメキシコの中央部北に位置し、面積は約75275平米で国内8番目に大きな州です。州の人口は約158万人弱で国内25位、人口密集度(1k㎡あたりの人数)は21人、国内で26位です(人口は2015年時点、以下同)。北部は西からからドゥランゴ、コアウィア、サンルイスポトシ 、南部はハリスコ、アグアスカリエンテスの5州と接しています。
サカテカスはナワトル語で「草のたくさんある場所」という意味で、芝生の場所に住む人々の意から名付けられました。
サカテカス市(Zacatecas)は1546年に設立された州都です。サカテカス市の人口は約14万6千人強で州内3位、10%弱が州都に住んでいます。
人口典拠元:メキシコ連邦の地域別人口密度

工業団地と日系企業

サカテカスで代表的な工業団地は、サカテカス空港に隣接しているParque Industrial Aeropuerto de Caleraやサカテカス市の北側に州政府が手がけるParque Industrial SUMAR Iなどがあります。

サカテカス州に進出している主な日系企業は、自動車関連では小出鋼管村上開明堂長倉製作所タチエスアーレスティなど。
物流関連では鈴江コーポレーションなどが進出しています。

経済

サカテカス州はメキシコ中央部北に位置し、道路、空路、鉄道のインフラが整う都市です。
歴史的には、16世紀にサン・ベルナベ鉱山の銀の鉱脈が発見され、サカテカスは鉱山の都市として栄えました。19世紀までは世界の銀の20%を産出したと言われ、サンルイスポトシの銀山とともに2大銀山と呼ばれました。
その他の主な産業は、農業、畜産、林業、観光業などが挙げられます。
製造業では、食品、飲料およびたばこがサカテカス州内の56%、鉱物産業、機械設備が20%強を占めています。
典拠元:Zacatecasの経済

観光

スペイン人により鉱脈が発見されて以来、サカテカスは鉱山の町として栄えました。18世紀は鉱山の最盛期で、裕福なスペイン人が豪華な建物を建造し、メキシコでも有数のコロニアル文化を今も見ることができます。

サカテカス大聖堂(Catedral Zacatecas)
旧市街の中心、アルマス広場に面した大聖堂で1612年から建設が始まり、約140年かけて完成しました。建築全体にスペイン様式と土着の様式が混じりあった独特の建造物です。緻密な正面の装飾は特に華やかで目を奪われます。
材料にはサカテカス近郊で採掘されたピンク色の石が使われており、光の当たり具合で鮮やかなピンク色に輝きます。
サカテカス大聖堂と歴史地区が1993年に世界遺産に登録されています。

ブーファの丘(Cerro de la Bufa)
ブーファは標高2657mの丘で、テレフェリコ(Teleférico)と呼ばれるケーブルカーで頂上へ登ることができます。
世界遺産に指定されている歴史地区をケーブルカー上空から見ることができます。

ラ・ケマダ遺跡(Zona arqueológica de La Quemada
サカテカス市の南、約50kmに位置する古代遺跡です。ケマダとは「焼かれた」という意味で、スペイン人が来た際に焼けた遺跡を見て名付けられたと言われています。支柱の間と呼ばれる広場や、奉納のためのピラミッド(写真)が見どころです。

グルメ

レオン・ロホ(León Rojo)
ビールにトマトジュース、オイスターソースを加えたお酒で、よく知られるミチェラーダ(Michelada)に似た味です。
赤いモレ(Mole rojo zacatecano)
サカテカス地方の郷土料理、赤いモレです。
モレとはナワトル語でソースを意味する言葉からきており、各郷土の味があり、メキシコを代表する料理のひとつ。材料はチョコレートや野菜、ナッツ類、様々な香辛料などから作られます。地方によって赤や緑や黒のモレがあり、チキンなどにかけて食べます。
ポソレ・ベルデ(Pozole Verde)
サカテカス名物、緑色のポソレ。
ポソレはメキシコの味噌汁のような代表的なスープで、主に中央高原の郷土料理です。
引き割りの大きなトウモロコシをベースに、肉や野菜を煮込んだスープでアステカ時代から食べられていたと言われています。サカテカスの緑のポソレの他に、白、赤などもあります。

コロナ・ビール(Cerveza Corona
コロナ・ビールで有名なモデログループはサカテカスが本拠地です。工場見学ができます。1時間程度の工場見学の後は、試飲という名目でビールが飲み放題です。

ホテル「キンタ・レアル」(Quinta Real
19世紀の闘牛場を改装したホテルで、闘牛場の屋根や壁がそのまま残るレストランやバーは雰囲気があり、古い時代にタイムスリッップした気分が味わえます。ホテルの側には水道橋もあります。

銀直売センター(Centro Platero
サカテカス州公認の銀製品のお店が集まる直売センター。銀のアクセサリーなどを購入できます。
州の宝飾品や金属細工の職業訓練校で制作された銀製品やサカテカス銀協会などの金属加工商品が並びます。

治安

サカテカス州は、外務省の海外危険情報において危険情報は出ていませんが、夜は治安が悪くなると言われています。
特にサカテカス市、隣接するグアダルーペ市などのメトロポリタン地域は夜に出歩くのは控えた方がよいでしょう。
サカテカス州は2019年に防犯に対する経費を30%増やす予定です。


世界遺産のコロニアル都市、サカテカスで働いてみませんか?現在クイックグローバルメキシコでは現在サカテカス州にて募集中の求人をご紹介しています!
メキシコでの就職、転職に関するご相談がございましたら、いつでもクイックグローバルメキシコにお気軽にお問合せ下さい。

電話番号:+52-449-153-1400
メールアドレス:quick@919mexico.com
スカイプ:QUICKGLOBALMEXICO

お問い合わせ内容確認ページ
氏名(フルネーム)必須
メールアドレス必須
メールアドレスの再入力必須
お問い合わせ内容必須
当社の利用規約・個人情報保護方針に同意の上、お申込みください。